こんにちは!愛知県春日井市の行政書士 中川です。


ちょうど昨晩のニュース番組を見ていた時のこと。

新型コロナウィルス関連のニュースの中で、ある韓国人女性のことが取り上げられていました。

 

日本の会社に就職が決まっていて、4月から勤務予定。

住居用の賃貸物件もあとは借りるだけで準備万端!でも、入国できないとのこと。

 

2020年3月9日0時から中国と韓国からの入国が制限され、

同時に発給済みのビザは効力停止。新しいビザの発給も原則停止。

この影響が彼女にまともに及んでいました。

 

日本語がとても流暢で、日本の会社にずっと就職したかったと言っていました。

日本語や就職するための技術・能力を磨き続けてきた方が

いよいよ!というところで足止めなんて、本当に残念。

 

きっと、着々と日本入国に向けて準備をしてきていたはず。

在留資格認定証明書を既に取得していたら、どうなってしまうんだろう…と何となく考えていたところにこのニュースが。

 

在留資格認定証明書の有効期間を延長 森法相、新型コロナ受け

 

在留資格認定証明書の有効期間が延長されるということなので、その点は安心ですね。

とはいえ、来日できなければどうしようもないので、まだまだ先は不透明です。

 


 

在留資格認定証明書について、ざくっと説明します。

 

例えば、日本の企業に就職が決まっている国外在住の外国人が

日本に入国するために、あらかじめ申請し、取得しておくものです。

 

この証明書は、日本に入国しようとする外国人に在留資格があるか、上陸基準に適合しているかが審査されたうえで交付されます。

 

ただ、この証明書を取得すれば、必ず入国できるわけではありません。

このあたりの詳しい説明はまた別でご紹介しようと思います。