こんにちは。愛知県春日井市の行政書士中川です。

年代を問わずすっかり浸透したSNS。ツイッターやFacebook、インスタグラムなどさまざまなものがあります。

おいしい食事や、旅行風景、ご家族のことなど、写真とともに近況をすぐ報告できるツールですので、投稿する側も見る側も本当に楽しめます。自分自身の備忘録にもなりますし。

でも、気を付けなければならないのは、本人が亡くなった場合にSNSのデータをどうしたらいいのかという点。つまり、デジタル遺品問題です。

SNSは本人のパスワードがわかればいいのですが、普通ご家族に教えていないでしょう。そうすると、遺族はパスワードを解除できず、中身の確認や操作ができません。

専門の業者にパスワードの解除を依頼すると、それなりの費用がかかってしまいます。

一方、そのままにしておくと、アカウントの乗っ取りやデータの行方が気になります。

データを守るための法整備や環境が十分ではない今できることーそれは、データの生前整理を少しずつ進めることかもしれません。データを削除するもの、家族や友人に引き継ぐものに分けて保存することも有効でしょう。、

ちなみに、Facebookでは「追悼アカウント」というものがあるようです。それは、あらかじめ設定しておいた人を本人が亡くなった後のページの管理人として指定し、管理人が葬儀のお知らせを投稿したり、死後に受け取った友達申請に対応できるというものです。

相続を受ける家族が困らないように、使える仕組みを利用しながらデジタル遺品となるデータの行方について一度考えてみてはいかがでしょうか。