こんにちは。愛知県春日井市の行政書士 中川です。

「公正証書遺言の証人」のお話です。

ある方のご相談をお受けしているとき、こんな質問が飛んできました。

「先生~、証人って誰でもなれるの?」

公正証書遺言を作るときに証人が2人必要です。

(そもそも公正証書遺言って??と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、日を改めてご説明しますね。)

私がご依頼を受けて遺言作成にかかわる時は、私ともう一人他の行政書士や信頼できる方にお願いします。なので、お客様が証人探しを心配することはありません。

ただ今回の場合は、公正証書遺言を自分で作ろう!って場合。その場合は、証人も自分で探してこなくてはなりません。

じゃあ、身近な人に頼もう!ってことになりがちですが、そこには一定のルールがあります。

民法974条によるとー

  1. 未成年者
  2. 推定相続人及び受遺者並びにこれらの配偶者及び直系血族
  3. 公証人の配偶者、四親等内の親族、書記及び使用人

財産をもらう人や、手続に深く関与する人はダメってイメージですね。

なかなか証人探しも大変です。そのうえ、大事なご自分の財産や家族のことなど、プライバシーそのものが知られてしまいますから、ちゃんと秘密を守ってくれる人でないといけませんし。

ちなみに公証人役場で証人の紹介もしていただけます。

何でも手続は面倒なものですね…。

でも、公正証書遺言はいろいろな意味でオススメなのです。

”遺言を作ろうかな”と思い始めた方、公正証書遺言にご興味がある方

ぜひ、ご相談くださいね。