こんにちは!愛知県春日井市の行政書士 中川です。

 

とあるものを買いに近くのコンビニに寄ったときのこと。

「そういえば、レジ袋有料になったよね」

「還元事業が終わったから、現金で支払うか?」

などとあれこれ考えながらレジに進んだところ

「〇△♡:%?」

何か言われたものの聞き取れなかったのでふと見ると

レジスタッフは外国人の女性でした。

 

最近はいつも同じ日本人女性が対応してくれていたので少し新鮮。

ほんの少し日常が戻った気持ちでした。

 

そこでふと思い出しました。

コンビニスタッフといえば、「特定技能」のお話。

先日自民党の外国人労働者等特別委員会が在留資格「特定技能」の対象業種に

コンビニを加えることを提言するという報道がありました。

 

 

「特定技能」は、特定の産業分野で、相当程度~熟練した知識・経験が必要な

業務に従事する外国人の方のための在留資格です。

 

特定の産業分野は現在14種。

介護/ビルクリーニング/素形材産業/産業機械製造業/電気・電子情報関連産業/

建設/造船・舶用工業/自動車整備/航空/宿泊/農業/漁業/飲食料品製造業/外食業

なかなか幅広いです。ここにコンビニが入るかもしれません。

 

今やコンビニはなくてはならない存在である一方、人手不足は深刻。

業界からのニーズが強くあるようです。

 

ただ、この特定技能の手続はとても煩雑な印象がありますし

要求される技能水準や日本語能力の問題もあります。

 

実際対象業務に加わるとしたらどのような運用になるのか

今から気になるところです。