こんにちは!愛知県春日井市の行政書士 中川です。

 

外国人の方が許可を得て日本国籍を取得する「帰化」。

その一般的な条件は、住所条件・能力要件・素行条件・生計条件・

重国籍防止条件・憲法遵守条件―とたくさんあるのですが(国籍法第5条)

実は一定レベルの日本語能力も必要とされています。

 

具体的には「日常生活に支障のない程度」。

会話だけでなく読み書きでもその能力が必要です。

 

それは小学校低学年程度で、確認のためにテストがあるといわれています。

 

日本で生まれ育った方や、日本の大学等で学びそのまま就職した方は

そもそも能力を確認されないこともあるようですが

例えば結婚で来日してまだ日が浅い方にとっては、会話は問題なくても

読み書きまでは…

ということもあると思います。

 

 

日本語能力試験というものがあるのですが

ネット上で見つけたN3レベルの問題例を少しやってみました。

印象としては

“外国人の方が解く場合には、問題によっては迷うかもしれない”

 

読み書きに不安がある方は、日本語能力試験の本や小学3年生くらいの

ドリルで問題を解いたりするなど、早めの対策をしたほうがよさそうです。

毎日、新聞の見出しだけでも読んだり書いたりすれば

いい練習になるかもしれませんね。

 

そうすれば、慣れない法務局での面接で緊張している中でも実力を発揮

できますし、なんといっても、帰化のための書類は揃っているのに

日本語能力で問題があるとされるのは非常にもったいない話です。

 

 

帰化申請をお考えの方は、ぜひ早めの日本語テスト対策を!